MENU

年間活動予定

本部

まちづくり計画策定事業(4月~)

潤いのある活力に満ちた地域づくりを目指し、中期ビジョンを策定する。

まちづくり応援事業(4月~)

町内で活動する様々な組織に対し、活動助成金を交付する。詳しくは「まちづくり応援事業要綱」による。

まち協事業発進会(5月)

まち協事業をけん引する本部役員、町内会長、部役員らを一堂に集め、今年度事業について確認、交流する。

アクティブプロジェクトへの支援(年間)

若年層を中心としたチームを編成し、自由な発想でまち協事業について話し合う。

外灯料支払い(年間)

町内外灯電気料金をまち協が支払う。

貸衣装事業(年間)

着物など衣装の貸付。

町内会長会

町内会長会・班長会(毎月)

毎月定期的に会合を開き情報を伝達する。

環境整備事業(4月・8月)

班単位で一斉に河川等の清掃等、環境整備をする。町内未加入者にも呼びかける。

町内会長・班長研修会(7月)

町内情勢等についての研修会と情報交換と懇親会。

情報提供への協力

地域要望箇所の調査と提示。

 

防災防犯部

防災集会(6月)

町内の防災関係者を集めた集会。地域防災に関する意識と自主防災の役割を認識し、災害に備える。

防災訓練《消火栓・防災機材点検・AEDの講習》の実施(8~10月)

防災訓練の実施と訓練に併せた消火栓や防災機材の点検及びAEDの講習。

事業助成

一之宮地域安全パトロールに対して助成する。

 

福祉部

長寿会保育園交流(6月)

宮保育園の年長児との交流。

福祉研修会・座談会(6月)

町内福祉関係者を集めた研修会。身近な問題を話し合う座談会も開催。

一之宮町敬老会(9月)

町内75歳以上の高齢者を対象に宴席でもてなし敬老する。

福祉講座(11月)

八光苑による認知症の講座。

みんなの食堂さくら(毎月)

地域の子ども、高齢者を集めた「食」等を通じた交流事業。毎月定期的に行う。

みや交流サロン(通年)

飛騨位山文化交流館ロビーに自販機を設置し休憩スペースを提供。

 

青少年育成部

体験の風(5月~)

子どもを対象に、一之宮の自然探検と農業体験、伝承文化体験等を行う。(前年度までのサタディサークルの活動も引き継ぐ)

新成人を祝うつどい(1月2日)

町内出身(住所を有する)の新成人を招いて祝う。

子ども見守り活動(年間)

地域ボランティアと保護者ボランティアによる、子供の登下校時等を中心にした見守り活動を行う。

  【新規】子ども会育成活動(年間)

今年度より「一之宮子ども会育成連絡協議会」の事業をまち協へ編入し活動を継承する。

頑張る若者応援宣言

青少年のスポーツ・文化活動の活躍に対し、懸垂幕等を通じ称える。

事業助成

宮小学校が行う岩瀬交流、一之宮町子ども会育成会、スポーツ少年団の各活動に対し助成する。

 【新規】コミュニティスクール導入準備

地域と学校が協働して子どもたちを育む地域づくりを目指す。

 

体育部

班対抗ソフトボール大会(6月~7月)

班対抗形式のソフトボール大会。ナイターで実施。

六町内対抗体育大会(8月25日)

野球・ソフトボール・バレーボール等8種目を、6町内対抗戦で競技する。

スポーツフェスティバル《飛騨位山トレイル》(10月6日)

飛騨位山トレイル参加選手を応援し、子供から高齢者までが参加できるミニトレイルを実施する。

【新規】野球大会(9~10月)

町内存続チームによる野球大会。

町民そり大会(3月)

プラスティック製のそりを使って競技を楽しむ。宝探しも行う。

 

産業振興部

連携組織への事業助成(年間)

町内のまち協連携組織が行う次の各種イベント事業に助成を行う。
・飛騨生きびな祭り
・桜を守る会
・ローラースキーみや大会
・飛騨位山トレイル
・モンデウススキー大会
・宮笠愛好会

飛騨一之宮納涼夏祭り(8月)

お盆の時期を利用して、町民の集いの場を開く。

 

文化教養部

一之宮町文化財調査(年間)

町内から調査員を募集し、文化財の保護・調査を実施する。

わが町の自然を訪ねて(7月)

町民に一之宮町の自然・文化遺産の魅力を再認識してもらう。

文化研修旅行(10月)

一之宮町と文化が共有できる地域を訪ねる。

一之宮文化祭(11月)

町内住民参加による芸能発表・収穫祭・作品展示を行う。運営スタッフに中学生を加える。

教養文化講座(年間)

いくつかの文化講座を開講する。

ふるさとマイギャラリー(年間)

写真・絵画を募集して、みや交流サロンに展示する。

文化活動助成

文化教養部所属団体へ助成する。

【新規】梅花藻を守る(4~7月)

梅花藻を守る会と保護・育成活動を行う。

 

広報部

「まち協だより」発行(毎月)

毎月1日配布の情報誌を発行。読みやすく親しみやすい紙面を作る。

ホームページの発信(随時)

まち協の情報や地域の話題をリアルタイムで発信する。

【新規】事業助成

内外に一之宮の良さを知ってもらい満喫してもらうため、一之宮ボランティアガイドに対し助成する。

 

※年間活動予定は予告なく変更になる場合がありますので、ご了承ください。

PAGE TOP